芸能人・経営者のおくやみ情報

藤山一郎 氏(ふじやまいちろう)

歌手作曲家[日本]

1993年 8月21日 死去享年83歳

藤山一郎 - ウィキペディアより引用

藤山 一郎(ふじやま いちろう、1911年(明治44年)4月8日 - 1993年(平成5年)8月21日)は、日本の歌手・声楽家・作曲家・指揮者である。
本名は増永 丈夫(ますなが たけお)。
本名ではクラシック音楽の声楽家・バリトン歌手として活躍した。
東京府東京市日本橋区蛎殻町(現東京都中央区日本橋蛎殻町)出身。
東京音楽学校(後の東京藝術大学音楽学部)卒業(首席)。
東京音楽学校で培った正統な声楽技術・歌唱法・音楽理論とハイバリトンの音声を武器にテナーの国民的歌手・流行歌手として活躍。
1930年代から1940年代にかけて『酒は涙か溜息か』・『丘を越えて』・『東京ラプソディ』・『青い山脈』・『長崎の鐘』などを歌い多くがヒットした。
理論・楽典に忠実に歌ったことから正格歌手と呼ばれ、その格調の高い歌声は「楷書の歌」と評された。
1992年(平成4年)、国民栄誉賞を受賞した。
人物歴 幼少期・少年時代 藤山一郎は1911年(明治44年)4月8日、東京府東京市日本橋区蛎殻町(後の東京都中央区日本橋蛎殻町)に、同区長谷川町(後の東京都中央区日本橋堀留町二丁目南部)のモスリン問屋・近江屋の三男(5人兄弟の末っ子)として生まれた。

ふじやまいちろう [生]1911.4.8.東京[没]1993.8.21.東京歌手。本名,増永丈夫(ますながたけお)。東京音楽大学(現,東京芸術大)声楽科に在学中の1930年初め頃から,『酒は涙か溜息か』『丘を越えて』などを歌っていたが,当時,流行歌謡の歌手はクラシックの歌手に比べて認められていなかったこともあって,「覆面歌手」として活躍した。大学卒業後,『東京ラプソディ』など数々のヒット曲を歌って人気を得る。第2次世界大戦後,『青い山脈』『長崎の鐘』など新時代にふさわしい明るい歌声で一世を風靡した。小節など,それまでプロの歌手らしいとされていた歌い方をせぬ「楷書の歌唱」という独特の歌唱法で定評があった。54年よりレコード会社の専属を離れ,NHK嘱託となる。82年に勲3等瑞宝章,92年に国民栄誉賞を受賞した。 (引用元 コトバンク)