芸能人・経営者のおくやみ情報

ガブリエラ・ミストラル 氏Gabriela Mistral

詩人[チリ]

1957年 1月10日 死去享年69歳

ガブリエラ・ミストラル - ウィキペディアより引用

ガブリエラ・ミストラル(Gabriela Mistral, 1889年4月7日 - 1957年1月10日)は、チリの女流詩人、教育者、外交官。
本名はルシラ・ゴドイ・アルヤガ(Lucila Godoy Alcayaga)。
1945年にラテンアメリカ圏で初となるノーベル文学賞を受賞。
「ラテンアメリカの母」との敬称を受ける。
同国でもっとも尊敬される教育者でもあり、同国の「5000チリ・ペソ」紙幣の肖像画となっている。
バスク系チリ人。
生涯 チリ北部のビクーニャに生まれる。
3歳の時、父親のフアン・ジェロニモ・ゴドイが出奔。
送金が途絶えたため、異父姉が働くアンデス山中の寒村で9歳まで過ごす。
転校先で放校処分を受け、独学で詩を書き始める。
14歳の時、小学校の代用教員就任をふり出しに、独学で教員資格をえて、教師や学校長として国内各地に赴いた。
1904年に地方紙などに初期詩編を発表したころから、詩人の道を歩み始める。
1906年に鉄道員ロメオ・ウレタと交際。
しかし彼が1909年に自殺した悲しみは、死への影響の強い作風に生涯傾くことになり、のち1922年の詩集『Desolación』に色濃く反映される。