芸能人・経営者のおくやみ情報

大岡信 氏(おおおかまこと)

詩人評論家[日本]

2017年 4月5日 死去呼吸不全享年87歳

大岡 信(おおおか まこと、1931年2月16日 - )は、日本の詩人、評論家。
東京芸術大学名誉教授。
日本ペンクラブ元会長。
一ツ橋綜合財団理事。
1931年(昭和6年)、静岡県田方郡三島町(現・三島市)生まれ。
父は歌人の大岡博。
旧制静岡県立沼津中学校(現・静岡県立沼津東高等学校)を経て第一高等学校 (旧制)、東京大学文学部国文科卒業。
学生時代から詩人として注目され、読売新聞社外報部記者を経て明治大学教授となる。
1979年(昭和54年)より2007年(平成19年)まで『朝日新聞』で『折々のうた』を連載。
菊池寛賞、読売文学賞など受賞多数。
日本ペンクラブ11代会長も歴任。
大岡の詩は英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、中国語、スペイン語、マケドニア語に訳されている。
連歌や連句に倣い、現代詩人たちが共同で詩を制作する「連詩」を1970年代初めに提唱し、精力的に連詩制作を行ってきた。
連詩集として『揺れる鏡の夜明け』や『ファザーネン通りの縄ばしご』、『What the Kite Thinks』などを出版している。

現代詩人、批評家。 1931年(昭和6年)2月16日、生まれ。2017年(平成29年)4月5日、死去。 詩集『記憶と現在』や評論『紀貫之』で名を馳せる。 1979年より、朝日新聞で『折々のうた』という連載を持っており、日本の詩壇・歌壇をリードする人物の一人、と言えそうだ。 変わったところでは、アメリカの現代詩人、ジョン・アシュベリーの翻訳(米文学者との共訳)も行っている。 (引用元 Hatena Keyword)