芸能人・経営者のおくやみ情報

益子かつみ 氏(ますこかつみ)

漫画[日本]

1971年 7月13日 死去脳溢血享年48歳

益子かつみ - ウィキペディアより引用

益子 かつみ (ますこ かつみ、1924年4月1日 - 1971年7月13日) は、漫画家。
本名は、益子 勝巳。
東京都立川市出身。
小学五年生の時、落書きが担任の先生の目に留まり、漫画家になるのを勧められ、講談社の『キング』や『ユーモアクラブ』に投稿し原稿料をもらったのが病みつき、将来漫画家を夢見る。
しかし家業を継がねばならず、中学四年の秋、意を決して家出、知り合った旅の僧にポンチ絵の手ほどきを受け、日本各地の祭礼の燈籠絵などを描き放浪、各地の中学を転々として上京。
漫画界の草分け北澤楽天門下になり漫画の指導を受けながら、本郷絵画研究所を経て川端画学校に学ぶ。
徴兵で家に帰り入隊。
終戦後復員し、漫画家を本職とする。
『週刊少年サンデー』に連載された「快球Xあらわる!!」は、当時同誌の看板作品であった。
宇宙から来た野球ボール型の謎の生命体と、人の良さだけがとりえのメガネをかけたさえない少年との心の交流を描いた作品で、『ドラえもん』などの先駆とされる。

1924年〜1971年。漫画家。代表作『快球Xあらわる!!』は、後の藤子不二雄作品に影響を与えた。 (引用元 Hatena Keyword)

「益子かつみ」と関連する人物(故人)