訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョン・タイラーJohn Tyler

政治家、アメリカ合衆国第10代大統領[アメリカ]

1862年 1月18日 死去享年73歳

ジョン・タイラー - ウィキペディアより引用
ジョン・タイラー(John Tyler, 1790年3月29日 - 1862年1月18日)は、アメリカ合衆国の第14代副大統領および第10代大統領。
彼は独立宣言署名後に生まれた二人目の大統領、および大統領の死に際して副大統領から昇格した最初の大統領。
また所属政党を持たなかった2人の大統領のうちの先の1人(のちのもう1人は17代アンドリュー・ジョンソン大統領)である。
初代ジョージ・ワシントンも無党派を標榜したが実質的には連邦党政権であった。
生い立ち ジョン・タイラー・ジュニアは1790年3月29日にバージニア州チャールズシティ郡(ウィリアム・ヘンリー・ハリソンが生まれたのと同じ郡)でジョン・タイラー(1747年 - 1813年)およびメアリー・アーミステッド夫妻の息子として生まれる。
タイラーは地域の指導層になるようにと、7人の兄弟と共に上流階級の教育を受けて育った。
彼は合衆国憲法が厳密に解釈されることになっていたと信じながら育ち、伝えられるところによれば、この信念を決して失わなかったという。

↑ PAGE TOP