芸能人・経営者のおくやみ情報

岸洋子 氏(きしようこ)

歌手[日本]

1992年 12月11日 死去敗血症享年58歳

岸 洋子(きし ようこ、1935年3月27日 - 1992年12月11日)は、日本のシャンソン歌手、カンツォーネ歌手。
本名:小山 洋子(こやま ようこ)。
所属レコード会社はキングレコード。
山形県酒田市出身。
オペラ歌手を目指していたが心臓神経症のため、断念。
病床で聴いたエディット・ピアフのアルバムに感動しシャンソンに転向。
同じく日本のシャンソン歌手だった越路吹雪が“魅せる歌手”と呼ばれることに対して、岸は“聴かせる歌手”と呼ばれていた。
『夜明けのうた』『恋心』『希望』などヒット曲を連発する中、1970年9月下旬に膠原病を発症。
その後も膠原病の後遺症と闘いながら歌手活動を続けていたが、1992年12月11日57歳で死亡した。
山形県立酒田東高等学校卒業。
俳優・成田三樹夫とは中学・高校の同級生だった。
1958年:東京藝術大学大学院声楽専攻科修了、二期会研究生となる。
1961年:シャンソン歌手としてキングレコードと契約。
1962年:『たわむれないで』でレコード・デビュー。
1964年:『夜明けのうた』で第6回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。

歌手 1934年5月23日、山形県で生まれる。*1 オペラ歌手を志すものの、病気で倒れたため、断念。その失意のときに聴いたのが、エディット・ピアフのシャンソンだった。 これがきっかけでシャンソン歌手への道を開き、1959年デビュー。 1964年に「夜明けのうた」を、1970年に「希望」で大ヒットさせる。 しかし、1970年に、膠原病という難病にかかるも病気を闘いながら歌手を続けた。シャンソンを主に歌い続けた岸洋子は、1992年12月11日にこの世を去った。 紅白歌合戦には、7回出場。1970年出した「希望」は、1971年に歌った。また、越路吹雪と人気を二分し、越路吹雪を「見せる歌手」に対して岸洋子を「聴かせる歌手」とも言われた。 *1:1935年3月27日生まれと言われてるが、実際のところは不明 (引用元 Hatena Keyword)

「岸洋子」と関連する人物(故人)