芸能人・経営者のおくやみ情報

マクシム・ゴーリキーMaxim Gorky

作家[ソ連]

1936年 6月18日 死去享年69歳

マクシム・ゴーリキー - ウィキペディアより引用
マクシム・ゴーリキー(Максим Горький, 1868年3月28日(ユリウス暦3月16日) - 1936年6月18日)は、ロシアの作家。
本名はアレクセイ・マクシーモヴィチ・ペシコフ(Алексей Максимович Пешков)。
ペンネームのゴーリキーとはロシア語で「苦い」の意味。
社会主義リアリズムの手法の創始者であり、社会活動家でもあった。
生涯 ニジニ・ノヴゴロドに、家具職人の子として生まれる。
母ワルワラを肺結核で亡くして10歳で孤児となった後、話が上手であった祖母に育てられる。
祖母の死は彼を深く動揺させた。
1887年の自殺未遂事件の後、ロシアの各地を職を転々としながら放浪する。
その後、地方新聞の記者となる。
1892年にトビリシで、『カフカス』紙に最初の短編『マカル・チュドラ』が掲載され、はじめて筆名としてゴーリキーを名乗った。
1895年、『チェルカシュ』を大衆雑誌『ロシアの富』に発表。
1898年にはサンクトペテルブルクで短編集『記録と物語』を刊行し、一躍人気作家になった。

「マクシム・ゴーリキー」と関連する人物(故人)