訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

橘家圓蔵 氏(たちばなやえんぞう)

落語家・7代目[日本]

1980年 5月11日 死去享年79歳

橘家 圓蔵(たちばなや えんぞう)は、落語家の名跡。
8代目が2015年に死去し、空き名跡となった。
かつての屋号は「立花屋」であった。
初代圓蔵が後に2代目三遊亭圓生を襲名したため、以後しばらくの間「橘家」は三遊亭の分家的な家号になる。
圓蔵の名は「橘家」の止め名にあたり、三遊亭圓生を襲名する落語家が名乗ることも少なくなく、上記の経緯もあって6代目圓蔵までは三遊派の落語家によって受け継がれてきたが、6代目圓蔵が6代目三遊亭圓生襲名後しばらく空席だった時に、8代目桂文楽と圓生の相談により、文楽の弟子である4代目月の家圓鏡が7代目圓蔵を襲名することになり、名跡の系統が三遊派から離れた。
初代立花屋圓蔵 - 元は花生。
初代三遊亭圓生門下。
後の2代目三遊亭圓生。
本名、尾形清治郎。
2代目立花屋圓蔵 - (生没年不詳)江戸の生まれ、元は2代目圓生門下で南生。
後に三遊亭圓朝門下で2代目狂言亭圓玉、明治に入り三遊亭圓志を経て、1876年頃に三遊亭圓坊を名乗る。
本名は八百屋熊蔵と言われるがはっきりしない。
生没年、享年は不明。
3代目橘家圓蔵 - 元は勢朝。
後の三遊一朝。
初代三遊亭圓朝門下。

「橘家圓蔵」と関連する人物(故人)