芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川家正 氏(とくがわいえまさ)

外交官政治家、公爵[日本]

1963年 2月18日 死去享年80歳

徳川家正 - ウィキペディアより引用

德川 家正(とくがわ いえまさ、1884年(明治17年)3月23日 - 1963年(昭和38年)2月18日)は、日本の外交官・政治家。
徳川宗家第17代当主。
第16代当主徳川家達の長男。
新字体で徳川 家正とも表記される。
官職はトルコ大使など。
第13代貴族院議長に就任し、戦後、貴族院の廃止、参議院への移行に伴い最後の貴族院議長となる。
位階は正二位。
勲等は勲一等。
爵位は公爵。
学歴は東京帝国大学法科大学政治科卒業。
称号(学位)は法学士(東京帝国大学)。
その他の主な公職及び役職としては、社団法人全国治水砂防協会会長、日土協会会長などを歴任。
妻は薩摩藩主島津忠義の十女・島津正子(しまづ なおこ)。
子女に長男家英らがいる。
叔父達孝とは義兄弟でもある。
生涯 1884年(明治17年)3月23日、徳川家達の長男として東京府南豊島郡千駄ヶ谷村(現・東京都渋谷区千駄ヶ谷)で生まれる。
1909年(明治42年)東京帝国大学法科大学政治科を卒業する。
同年外務省に入省し外交官補となる。
1925年(大正14年)シドニー総領事、1929年(昭和4年)カナダ公使、1934年(昭和9年)トルコ大使となる。

日本の外交官。政治家。公爵。 徳川家達の長男で徳川宗家第17代当主である。 (引用元 Hatena Keyword)