訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ピョートル・クロポトキンPjotr Aljeksjejevich Kropotkin

革命家、政治思想家[ソ連]

1921年 2月8日 死去享年80歳

ピョートル・クロポトキン - ウィキペディアより引用
ピョートル・アレクセイヴィチ・クロポトキン(Пётр Алексе́евич Кропо́ткин、Pjotr Aljeksjejevich Kropotkin、 1842年12月9日 - 1921年2月8日)は、ロシアの革命家、政治思想家であり、地理学者、社会学者、生物学者。
著書に『パンの略取』(1892年)、『田園・工場・仕事場』(1898年)、『相互扶助論』(1902年)などがある。
プルードン、バクーニンと並んで、近代アナキズムの発展に尽くした人物であり、学者としての長年の考証的学術研究に基づき、当時一世を風靡した社会進化論やマルクス主義を批判し、相互扶助を中心概念に据えた無政府共産主義を唱えた。
その思想は、社会運動のみならず文学にも影響を与えた。
その生涯は、自伝『ある革命家の思い出』とナターリア・マリア・ピルーモヴァの『クロポトキン伝』に詳しい。
生涯 幼少時代 ピョートル・アレクセイヴィッチ・クロポトキンは、1842年12月9日、モスクワの古い屋敷町であるスタラヤ・コニュシェンナヤで、クロポトキン公爵家の三男として生まれた。

「ピョートル・クロポトキン」と関連する人物(故人)