芸能人・経営者のおくやみ情報

升田幸三 氏(ますだこうぞう)

将棋棋士[日本]

1991年 4月5日 死去享年74歳

升田幸三 - ウィキペディアより引用

升田 幸三(ますだ こうぞう、1918年3月21日 - 1991年4月5日)は、将棋棋士。
実力制第4代名人。
広島県双三郡三良坂町(現三次市)生まれ。
名前は正しくは「こうそう」と読むが、将棋界では「こうぞう」で通した。
木見金治郎九段門下。
棋士番号18。
三冠独占などの輝かしい戦績は勿論のこと、その独創的な指し手、キャラクター、数々の逸話は、将棋界の歴史を語る上で欠かすことができない。
父栄一、母カツノの四男として生まれる。
1932年(昭和7年)2月に「日本一の将棋指し」を目指して家出。
家出の時に愛する母の使う物差しの裏に墨でしたためた「この幸三、名人に香車を引いて…」の文言は、後に現実のものとなる(詳細は後述)。
広島市での飲食店やクリーニング店の丁稚奉公など紆余曲折を経て、大阪の木見金治郎八段の門下生となる。
同門の先輩には大野源一、角田三男。
そして後輩には、終生のライバル大山康晴がいる。
初段でプロになるまで(当時のプロ棋士は初段からだった)が長かったが、初段になってからめきめきと頭角を現す。

1918年〜1991年 将棋棋士。実力制第4代名人。 広島県双三郡三良坂町出身。 父栄一、母カツノの4男として生まれる。1932年(昭和7年)2月に、「日本一の将棋指し」を目指して家出。家出の時に愛する母の使う物差しの裏に墨でしたためた「この幸三、名人に香車を引いて…」の文言は、後に現実のものとなる。 飲食店やクリーニング店の丁稚奉公など紆余曲折を経て、大阪の木見金治郎八段の門下生となる。同門の先輩には大野源一、そして後輩には、終生のライバル大山康晴がいた。 「新手一生」という言葉を好み、数々の新手でファンを魅了した。その功績から、1995年度に新戦法などを称える「升田幸三賞」が創設された。 (引用元 Hatena Keyword)