芸能人・経営者のおくやみ情報

近藤宮子 氏(こんどうみやこ)

作詞家[日本]

1999年 4月8日 死去享年73歳

近藤宮子(こんどう みやこ、1907年3月21日 - 1999年4月8日)は広島県広島市国泰寺町(現在の中区国泰寺町)出身の唱歌作詞家。
唱歌『チューリップ』、『こいのぼり』作詞者。
   国文学者の父・藤村作が広島高等師範学校(後の広島大学)へ教授として赴任した1907年、広島市に出生。
母・季子は広島高師附属中学、山中高等女学校の音楽教師を勤めた。
1910年、父が東京帝国大学文学部助教授に転任、東京市外千駄ヶ谷に転居。
1931年、父の教え子で東京音楽学校(後の東京芸術大学音楽学部)講師・国文学者の近藤忠義と結婚、専業主婦となる。
同年8月末、当時幼稚園唱歌研究部に関わっていた父から夫・忠義を介して子供のための作歌を頼まれる。
当初一般公募をしたが、よい作品は少なく唱歌研究部委員だった作曲家・福井直秋が懇意の藤村作に頼んだものが宮子にまわってきた。
作歌中満州事変が勃発。
約1ヶ月の間に『チューリップ』、『こいのぼり』、『オウマ』など10編を作歌、作品を協会に提出し全て採用された。