芸能人・経営者のおくやみ情報

レオ12世Leone XII

ローマ教皇[イタリア]

1829年 2月10日 死去享年70歳

レオ12世 - ウィキペディアより引用

『レオ12世 (ローマ教皇)』より : レオ12世(Papa Leone XII, 1760年8月22日 - 1829年2月10日)はローマ教皇(在位1823年9月28日-1829年2月10日)、カトリック教会の司祭。
本名、アンニーバレ・セルマッテイ・デッラ・ジェンガ (Annibale Sermattei della Genga) 。
外交家としての手腕は高かったが、教皇領内で専制政治を行って民心を失うことになった。
生涯 1760年、イタリアの貴族ジェンガ家 (Conti della Genga) に生まれる。
ジェンガ家は、現在のアンコーナ県にあるジェンガを基盤とする一族である。
デッラ・ジェンガの出生地ははっきりとしないが、一般的にはジェンガ、もしくはスポレートで生まれたとされている。
1783年に司祭に叙階された。
教皇ピウス6世のもとで働くようになると、ティルスの名義司教を皮切りに、ケルンやパリの教皇使節を歴任した。
その中で彼は外交官としてナポレオンや各国の宮廷との折衝につとめた。
1820年にピウス7世によって枢機卿にあげられると1823年のコンクラーヴェにおいて63歳で教皇に選出された。

レオじゅうにせいLeoXII [生]1760.8.22.スポレト近郊[没]1829.2.10.ローマスポレト近郊出身の第252代教皇(在位1823~29)。本名AnnibaleSermatteidellaGenga。1793年,ルツェルンへの教皇大使を務めて以来,外交の職位を歴任。1816年,教皇ピウス7世(在位1800~23)からセニガリアの司教枢機卿(→カーディナル)に任命され,1820年にローマの司教総代理となった。1823年9月,ピウス7世の融和政策と枢機卿コンサルビの自由主義に反対する有力な保守派「熱心派」により教皇に選出された。在位中,教皇領内では権威主義と貴族階級の特権が復活し,中産階級の反感が強まった。歳出を抑制し,減税も実施したが,経済の不安定は続いた。教義面では自由主義的な考えを排し,宗教裁判の効率化に力を入れた。外交では,自由主義やガリア主義の新たな台頭を考慮し,政策を穏健化した。コンサルビの穏健路線に沿って各国との間で教皇庁に有利な合意を結んだ。1825年,信仰無差別論を批判するとともに,フリーメーソンを秘密の儀式が異教的であると非難した。1827年には再編されたスペイン教区を正式に承認した。また,ヨベルの年を祝う習慣を復活させた。 (引用元 コトバンク)