芸能人・経営者のおくやみ情報

アンリ・カルティエ=ブレッソン 氏Henri Cartier-Bresson

写真家[フランス]

2004年 8月3日 死去享年97歳

アンリ・カルティエ=ブレッソン - ウィキペディアより引用

アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson、1908年8月22日 - 2004年8月3日)は、フランスの写真家。
20世紀を代表する写真家であると多くの写真家・芸術家から評されている。
彼は小型レンジファインダーカメラを駆使し、主にスナップ写真を撮った。
芸術家や友人たちを撮ったポートレイトもある。
彼はライカに50mmの標準レンズ、時には望遠レンズを装着して使用した。
1947年にはロバート・キャパ、デヴィッド・シーモア、ジョージ・ロジャーと共に国際写真家集団「マグナム・フォト」を結成した。
アンリ・カルティエ=ブレッソンは1908年、フランスのセーヌ=エ=マルヌ県シャントルーの中流家庭に生まれた。
両親は織物製造業を営んでいた。
彼の写真術への関心は非常に若い頃から始まった。
少年の頃カルティエ=ブレッソンはボックス・ブラウニーを所有し、休日にそれでスナップ写真を撮影した。
1923年(15歳)頃にシュルレアリスムの影響を受け、1927 - 28年にはキュビズムの彫刻家アンドレ・ロートに師事した。