芸能人・経営者のおくやみ情報

野平祐二 氏(のひらゆうじ)

競馬騎手、調教師[日本]

2001年 8月6日 死去享年74歳

野平祐二 - ウィキペディアより引用

野平 祐二(のひら ゆうじ、1928年3月20日 - 2001年8月6日)は、日本の騎手(日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会〈JRA〉 )、調教師(日本中央競馬会)。
千葉県船橋市古作出身。
騎手としても調教師としても成功し「ミスター競馬」と呼ばれた。
父の野平省三は元騎手(日本競馬会)、元調教師(国営競馬、日本中央競馬会)。
孫の二本柳壮は騎手 (JRA) 。
2004年、騎手顕彰者に選出。
少年時代 父の省三が騎手を引退したあと、下総御料牧場で働いていたときに生まれる。
幼少のころから馬が身近にいる環境で育ち、小学校時代には馬に鞍をつけて乗るようになっていた。
尋常小学校を卒業後、関東中学に進学するが、騎手を志して退学。
1942年、騎手見習いとして関東の名門尾形藤吉厩舎に入門した。
騎手時代 1944年春に騎手免許を取得し、同年12月3日、東京修練場(現在の馬事公苑)において行われた能力検定競走で初騎乗。

元JRA調教師。元騎手。美浦トレーニングセンター所属。故人。 海外競馬で主流だった「モンキー乗り」を戦後間もない日本でいち早く修得し、また調教師時代に七冠馬シンボリルドルフを管理するなどの華麗な経歴から「ミスター競馬」と称された。 1928年3月20日生まれ、1944年初騎乗。JRA通算1339勝(うち障害1勝)、重賞71勝。1959年オーストラリアに遠征し日本人騎手として初の海外レースを勝利。1967年スピードシンボリとのコンビで海外遠征した。1975年騎手を引退し同年8月に調教師免許を取得、調教師としての成績は3949戦402勝。2000年厩舎を定年廃業。2001年8月6日に逝去。2004年JRA殿堂入り。 (引用元 Hatena Keyword)

「野平祐二」と関連する人物(故人)