芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリック・イプセンHenrik Johan Ibsen

作家詩人[ノルウェー]

1906年 5月23日 死去享年79歳

ヘンリック・イプセン - ウィキペディアより引用

ヘンリック(ヘンリク)・イプセン(Henrik Johan Ibsen、1828年3月20日 - 1906年5月23日)は、ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。
近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称される。
シェイクスピア以後、世界でもっとも盛んに上演されている劇作家とも言われる。
代表作には、『ブラン』『ペール・ギュント』(グリーグが後に劇音楽を作曲する)『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などがある。
自身はノルウェーを嫌い、長くドイツやイタリアで生活したため、ノルウェーの国民作家という意識は薄かったが、現在は国の象徴、そして世界史上最も重要な劇作家の一人として尊敬され、長らくノルウェーの最高額面の1000クローネ紙幣にその肖像が描かれていた。
世界への影響 イプセンの劇は同時代の多くの人にスキャンダラスと考えられた。
当時は家庭生活や礼儀についてのヴィクトリア朝的価値観がヨーロッパで大きく広まっており、それらに対するいかなる挑戦も不道徳的で非常識とされていたためである。

「ヘンリック・イプセン」と関連する人物(故人)