芸能人・経営者のおくやみ情報

野津道貫(のづみちつら)

薩摩藩士、元帥陸軍大将、侯爵[日本]

(日露戦争時の第4軍司令官)

1908年 10月18日 死去享年68歳

野津道貫 - ウィキペディアより引用

野津 道貫(のづ みちつら(どうがん)、天保12年11月5日(1841年12月17日) - 1908年(明治41年)10月18日)は、幕末の薩摩藩士、明治の陸軍軍人、貴族院議員。
東部都督、教育総監、第4軍司令官を歴任した。
通称は七次。
諱は道貫。
最終階級は元帥陸軍大将正二位大勲位功一級侯爵。
兄に陸軍中将・野津鎮雄がいる。
鹿児島城下高麗町の下級藩士・野津鎮圭の二男として生まれる。
幼くして両親を亡くした。
薬丸兼義に薬丸自顕流を学ぶ。
戊辰戦争に6番小隊長として参加。
その活躍がめざましく、鳥羽・伏見の戦いから会津戦争、次いで箱館戦争に参戦。
明治4年(1871年)3月、藩兵3番大隊付教頭として上京し御親兵となる。
同年7月、陸軍少佐に任じられ2番大隊付となる。
明治5年(1872年)8月、陸軍中佐に昇進し近衛局分課に勤務。
陸軍省第2局副長を経て、1874年(明治7年)1月、陸軍大佐に進級し近衛参謀長心得に就任。
1876年(明治9年)7月から10月までフィラデルフィア万国博覧会に出張。
1877年(明治10年)2月、西南戦争に政府軍第2旅団参謀長として出征。

  • 題名
    欧米巡回日誌
    著者
    野津道貫
    発売元
    広島鎮台文庫
    発売日
    1886
    新品価格
    より
    中古商品
    より

鹿児島県出身、陸軍元帥、 日露戦争時の第四軍司令官 加山雄三の曽祖父 (引用元 Hatena Keyword)