訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

白井鐵造 氏(しらいてつぞう)

演出家[日本]

1983年 12月22日 死去享年84歳

白井鐵造 - ウィキペディアより引用
白井 鐵造(しらい てつぞう、1900年4月6日 - 1983年12月22日)は、宝塚歌劇団の演出家。
宝塚歌劇団元理事長。
レヴューの王様と謳われ、宝塚レビューを形成した第一人者である。
静岡県周知郡犬居村犬居(現:浜松市天竜区春野町)生まれ。
本名は白井虎太郎(しらい・とらたろう)。
犬居尋常小学校を卒業後、浜松日本形染株式会社に入社したが、1917年に退社し、ダンサーを目指し上京。
1919年、小林一三が国民劇創設のため作った「男子養成会」の創設メンバー・男子専科生第二期生として宝塚入り(この頃に鐵造と改名)したものの半年ほどで解散の事態に合う。
後に宝塚の先輩演出家にあたる岸田辰彌と出会い、1921年、演出家として宝塚歌劇団に入団。
翌年、月組公演『金の羽』にてデビューを果たす。
1926年、宝塚のスターであった沖津浪子と結婚。
1927年、日本初のレビュー『モン・パリ』の振付を担当。
1928年、宝塚歌劇団創始者小林一三の命によりレビューの本場パリへ渡欧。
本場のレビューに圧倒された白井は約2年間の修業を積み、1930年、帰国後第1作に『パリゼット』を発表。