芸能人・経営者のおくやみ情報

陸奥宗光(むつむねみつ)

武士、海援隊士、政治家、外相[日本]

1897年 8月24日 死去肺結核享年54歳

陸奥宗光 - ウィキペディアより引用

陸奥 宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日(1844年8月20日) - 明治30年(1897年)8月24日)は、日本の政治家、外交官、武士(紀州藩藩士)。
明治初期に行われた版籍奉還、廃藩置県、徴兵令、地租改正に大きな影響を与えた。
また、カミソリ大臣と呼ばれ、伊藤内閣の外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。
江戸時代までの通称は陽之助(ようのすけ)。
正二位・勲一等・伯爵。
家紋は仙台牡丹。
生涯 生い立ち 天保15年(1844年)8月20日、紀伊国和歌山(現在の和歌山県和歌山市吹上3丁目)の紀州藩士・伊達宗広と政子(渥美氏)の六男として生まれる。
幼名は牛麿(うしまろ)。
生家は伊達騒動で知られる、伊達政宗の末子・伊達兵部宗勝の後裔と伝えられるが、実際は古くに陸奥伊達家から分家した駿河伊達家の子孫である。
伊達小次郎、陸奥陽之助と称する。
国学者・歴史家としても知られていた父の影響で、尊王攘夷思想を持つようになる。
父は紀州藩に仕え、財政再建をなした重臣(勘定奉行)であったが、宗光が8歳のとき(1852年)藩内の政争に敗れて失脚したため、一家には困苦と窮乏の生活がおとずれた。

(1844-1897) 政治家。紀州藩家老伊達千広の六男。脱藩して海援隊に加わり、維新後、地租改正事業を立案。伊藤博文内閣の外相として条約改正を実現。下関条約では全権となった。著「蹇蹇録(けんけんろく)」 goo国語辞典 外務大臣就任時の1892年(明治25年)、 イギリスとの間で日英通商航海条約を結び、 治外法権を撤回させたことで著名である。 その辣腕ぶりから、「カミソリ大臣」と呼ばれた。 紀伊藩出身だが、海援隊に所属した経歴から 土佐派に近い立場を取っていたようだ。 そのため、土佐立志社の政府転覆計画に関与したとして 一時期投獄されている。 (引用元 Hatena Keyword)