訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ヨゼフ・フォン・フラウンホーファーJoseph von Fraunhofer

物理学者[ドイツ]

1826年 6月7日 死去享年40歳

ヨゼフ・フォン・フラウンホーファー - ウィキペディアより引用
ヨゼフ・フォン・フラウンホーファー(Joseph von Fraunhofer 、1787年3月6日 - 1826年6月7日)は、ドイツの光学機器製作者、物理学者である。
太陽光のスペクトルの中のフラウンホーファー線、光学分野のフラウンホーファー回折に名前を残している。
ドイツの応用研究と技術移転の機関「フラウンホーファー研究機構」は彼の名前に由来する。
生涯 バイエルンのシュトラウビング(Straubing )でガラス鏡職人フランツ・X・フラウンホーファーの第11子に生まれた。
1797年に母が、1798年に父が死んで孤児となり、ミュンヘンの鏡製造業者P・A・ワイヒゼルベルガーの徒弟となった。
1801年7月21日に作業場の建物が崩壊したが幸運にも無傷で救出され、駆けつけたバイエルン選帝侯マクシミリアン4世ヨーゼフに金貨18ドゥカーテンを与えられ励まされ、バイエルンの知事を務めたヨゼフ・フォン・ウッツシュナイダーに見出されて引き取られ、日曜学校に通うようになった。

「ヨゼフ・フォン・フラウンホーファー」と関連する人物(故人)

カール・フリードリヒ・ガウス

↑ PAGE TOP