訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

桑原楽之 氏(くわはらやすゆき)

元男子サッカー選手、メキシコ五輪日本代表[日本]

2017年 3月1日 死去肺炎享年76歳

桑原 楽之(くわはら やすゆき、1942年12月22日 - )は、日本の元サッカー選手。
元サッカー日本代表。
広島県広島市白島(現中区)出身。
実兄は桑原弘之。
8人兄弟で男は弘之と楽之の二人だけ。
1960年代の日本サッカーのメッカ・広島に生まれ、幼少期からサッカーに親しむ。
広大付属小、広大付属中学の抽選をいずれも落ちて白島小、幟町中学に進む。
白島小の隣りに広島市立基町高等学校があり、5年生の時に渡辺正と佐伯博司がプレーしていて、楽之はいのまにか同校でボール拾いを始める。
入学した幟町中学にはサッカー部がなかったが、桑原を中心に創部。
実兄の弘之がコーチを勤めた。
1959年、3度目の正直で広大付属高校に入学。
付属中学以外の中学からの入学者は、がり勉タイプと決まっていたが、楽之がサッカーに熱中するので担任がびっくりしたという逸話が残る。
1年からすぐレギュラーとなり2年の時、エースフォワードとして桑田隆幸、野村尊敬、小城得達、溝手顕正、船本幸路らと全国高校サッカー選手権大会に出場して準優勝、国体も準優勝、3年時はベスト8。

↑ PAGE TOP