芸能人・経営者のおくやみ情報

ハンス・ベルメール 氏Hans Bellmer

画家、グラフィックデザイナー[ドイツ]

1975年 2月23日 死去がん享年74歳

ハンス・ベルメール(Hans Bellmer, 1902年3月13日 - 1975年2月23日)は、ドイツ出身の画家、グラフィックデザイナー、写真家、人形作家。
ドイツ帝国のカトヴィッツ(現在のポーランド領カトヴィツェ)出身。
ナチ党の政権掌握後の1930年代中頃に、等身大の創作人形を制作・発表したことで知られる。
芸術家としても超現実主義者(シュルレアリスト)に分類されるベルメールだが、ドイツの情勢を支持する仕事はしないと宣言し、ナチズムへの反対を表明した。
関節人形の制作にあたっては、人体を変形させた形態と型破りなフォルムにあらわれているように、当時ドイツで盛んだった「健全で優生なるアーリア民族」を象徴する行き過ぎた健康志向を批判したものである。
ベルメールの斬新な作品は、アンドレ・ブルトンら当時のパリのシュルレアリストには受け入れられ歓迎された。
1934年、少女の関節人形の白黒写真10枚を収めた『人形』(Die Puppe)をドイツで自費出版する。
その写真は、初めて作った人形を背景の前に置き、活人画のシリーズとして撮影したものであった。

Hans Bellmer (1902-1975)、シュルレアリスムの人形作家、画家、写真家 関連語  (引用元 Hatena Keyword)