芸能人・経営者のおくやみ情報

三条実美(さんじょうさねとみ)

公卿、政治家、兼任内閣総理大臣、公爵[日本]

1891年 2月18日 死去享年55歳

三条実美 - ウィキペディアより引用

三条 実美(さんじょう さねとみ、旧字:三條實美、天保8年2月7日(1837年3月13日) - 明治24年(1891年)2月18日)は、日本の公卿、政治家。
位階勲等爵位は、正一位大勲位公爵。
号は梨堂(りどう)。
変名は梨木 誠斉。
右大臣、太政大臣、内大臣、内閣総理大臣兼任、貴族院議員などを歴任した明治政府の最高首脳人物の一人。
元勲。
生涯 生い立ち 天保8年(1837年)、議奏を務める三条実万の三男として生まれる。
幼名は福麿。
安政元年(1854年)、次兄の三条公睦の早世により家を継いだ。
安政の大獄で処分された父・実万と同じく尊皇攘夷(尊攘)派の公家として、文久2年(1862年)に勅使の1人として江戸へ赴き、14代将軍の徳川家茂に攘夷を督促し、この年、国事御用掛となった。
長州藩と密接な関係を持ち、姉小路公知と共に尊皇攘夷激派の公卿として幕府に攘夷決行を求め、孝明天皇の大和行幸を企画した。
八月十八日の政変 文久3年(1863年)には、中川宮ら公武合体派の皇族・公卿と薩摩藩・会津藩らが連動したクーデター・八月十八日の政変により朝廷を追われ、京都を逃れて長州へ移る(七卿落ち)。