訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョゼフ・プリーストリーJoseph Priestley

自然哲学者[イギリス]

1804年 2月6日 死去享年72歳

ジョゼフ・プリーストリー - ウィキペディアより引用
ジョゼフ・プリーストリー(Joseph Priestley, 1733年3月13日(旧暦) - 1804年2月6日)は、18世紀イギリスの自然哲学者、教育者、神学者、非国教徒の聖職者、政治哲学者で、150以上の著作を出版した。
気相の酸素の単離に成功したことから一般に酸素の発見者とされているが、カール・ヴィルヘルム・シェーレとアントワーヌ・ラヴォアジエも酸素の発見者とされることがある。
その生涯における主な科学的業績として、炭酸水の発明、電気についての著作、いくつかの気体(アンモニア、塩化水素、一酸化窒素、二酸化窒素、二酸化硫黄)の発見などがあるが、最大の功績は「脱フロギストン空気」(酸素)の命名である。
1774年夏、酸化第二水銀を加熱することによって、得られる気体が燃焼を激しくすることを発見し、その気体の中でネズミが長生きすることを発見した。
当時フロギストン(燃素)説の時代であったので、「脱フロギストン空気」と考え、同年ラヴォアジエに話した。
この気体が酸素である。
この実験を追実験することによってラヴォアジエは燃焼の化学的プロセスを解明することになった。

↑ PAGE TOP