芸能人・経営者のおくやみ情報

小倉清三郎(おぐらせいざぶろう)

性科学者、社会運動家[日本]

1941年 1月14日 死去享年60歳

  • 題名
    両性の能力
    著者
    小倉清三郎
    発売元
    以文館
    発売日
    1914
    新品価格
    より
    中古商品
    より

おぐら-せいざぶろう 1882-1941大正-昭和時代前期の性科学者,哲学者。明治15年2月28日生まれ。H.エリスの著作に触発され性問題を科学的に追究し,大正2年「相対会第一組合小倉清三郎研究報告」第1集を発行。日本初の性の研究会「相対会」を主宰した。会員に坪内逍遥(しょうよう),芥川竜之介,平塚らいてう,大杉栄らがいた。昭和16年1月14日死去。60歳。福島県出身。東京帝大卒。著作はほかに「思想の爆破」。 (引用元 コトバンク)

「小倉清三郎」と関連する人物(故人)