芸能人・経営者のおくやみ情報

小堀杏奴 氏(こぼりあんぬ)

作家[日本]

1998年 4月2日 死去享年90歳

小堀 杏奴(こぼり あんぬ、1909年(明治42年)5月27日 - 1998年(平成10年)4月2日)は、東京府出身の随筆家。
森鴎外と後妻・志げの間に次女として生まれた。
1913年(大正2年)12月1日、仏英和高等女学校(現白百合学園高等学校)の幼稚園に入園。
1915年(大正4年)、仏英和尋常小学校に入学。
しかし、弟類が誠之尋常小学校になじめず、たびたび杏奴のいる仏英和尋常小学校に来たため、4年生のときに類のかよう誠之尋常小学校に転校した。
当時、類が通学路で他校の児童からいじめられそうになると、持ち前の気の強さから「うちの弟をどうするのよ」といじめっ子たちを板塀に押しつけて類をかばい、類の友人の間で尊敬されていたという。
仏英和高等女学校に進学した1922年(大正11年)7月、父が死去。
1927年(昭和2年)、同校を卒業。
1931年(昭和6年)、類とともに画家藤島武二に師事。
同年11月、類と一緒にフランスに渡り、パリで洋画を学ぶ。
1934年1月に帰国。
同年11月、藤島武二の仲人で画家小堀四郎と結婚。
1936年(昭和11年)2月、岩波書店から『晩年の父』を刊行。