芸能人・経営者のおくやみ情報

澤田正二郎(さわだしょうじろう)

俳優[日本]

1929年 3月4日 死去脳膜炎享年38歳

澤田正二郎 - ウィキペディアより引用

澤田 正二郞(さわだ しょうじろう、新字体:沢田 正二郎、1892年(明治25年)5月27日 - 1929年(昭和4年)3月4日)は、大正から昭和初期に活躍した大衆演劇の人気役者。
劇団新国劇を創設して座長をつとめ、澤正(さわしょう)と呼ばれて広く親しまれた。
澤田正弘・寿々子の第3子として、滋賀県大津市の三井寺の近くに生まれる。
収税吏の父が2歳のときに没して一家は上京し、明治31年、車坂(現、東京都台東区上野七丁目)にあった下谷小学校(1990年、台東区立上野小学校へ統合)へ入学した。
明治36年、開成中学へ進み、翌年の陸軍中央幼年学校の受験は、近視のゆえに失敗した。
1908年(明治41年)(16歳)、一高を受けて落ちた。
自由劇場の『ジョン・ガブリエル・ボルクマン』を見て新劇俳優を目指し、翌年早稲田大学文科予科へ入り、1911年、坪内逍遙の文芸協会附属演劇研究所の2期生となって、年末、端役で帝国劇場の舞台を踏んだ。