芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・ヤスパース 氏Karl Theodor Jaspers

哲学者[ドイツ→スイス]

1969年 2月26日 死去享年87歳

カール・ヤスパース - ウィキペディアより引用
カール・ヤスパース(独: Karl Theodor Jaspers、1883年2月23日 - 1969年2月26日)は、ドイツの精神科医であり、哲学者である。
実存主義哲学の代表的論者の一人。
現代思想(特に大陸哲学)、現代神学、精神医学に強い影響を与えた。
『精神病理学総論』(1913年)、『哲学』(1932年)などの著書が有名。
ヤスパースは、その生涯の時期ともあい合わさって、3つの顔を持っている。
精神病理学者として、哲学者(神学者)として、政治評論家としての活動である。
生涯 早い頃から哲学に関心を抱いていたものの、父が法曹界に身を置いていたため、ヤスパースは大学で法学を学びはじめる。
まもなく1901年には医学の道へ転向。
1909年に医学部(メディカル・スクール)を卒業した後はハイデルベルクの精神病院で医師として働く。
そこで当時の医学界の精神病に対する姿勢に疑問を抱き、精神医学の方法論の改良を目指すようになる。
1913年にはハイデルベルク大学で精神医学を教え始め、以後、臨床に戻ることはなかった。