芸能人・経営者のおくやみ情報

ジュリエッタ・マシーナ 氏Giulietta Masina

女優[イタリア]

1994年 3月23日 死去享年74歳

ジュリエッタ・マシーナ - ウィキペディアより引用

ジュリエッタ・マシーナ(Giulietta Masina, 本名: Giulia Anna Masina, 1921年2月22日 - 1994年3月23日)は、イタリアの女優。
ボローニャ出身。
文学を学んでいたが演劇に転向、ローマ大学で学ぶ。
1943年、ラジオに出演していた時、そのラジオドラマの脚本を書いたフェデリコ・フェリーニと出会い、同年結婚。
映画初出演はロベルト・ロッセリーニ監督作品の『戦火のかなた』。
その後『道』などのフェリーニ作品だけでなく幅広く活躍したが、やはりマシーナの魅力はフェリーニ作品、特に『道』の知的障害を抱えた女性大道芸人ジェルソミーナ、『カビリアの夜』の娼婦カビリアなど人間、とくに弱い(立場の)愚かな女性の内面を見事なまでにスクリーンに表現しえた演技と個性(美人というわけではなく、プロポーションも良いといえないが、小柄で愛嬌のある顔立ち)にあった。

イタリアの女優 GUILIETTA MASINA(1920-1994) 大学教授の娘として生まれ、ローマ大学在学中に演劇部で活躍し女優となる。 1943年フェデリコ・フェリーニと結婚。 翌年、長男をもうけるが数週間後に失っている。 54年、夫がメガホンを執り世界的な評価を得た『道』を主演。 以降フェリーニ作品を中心に出演。 1946年「戦火のかなた」 1950年「寄席の脚光」 1951年「白い酋長」 1952年「ヨーロッパ一九五一年」 1954年「道」 1955年「崖」 1956年「カビリアの夜」 1958年「街の中の地獄」 1959年「女」 1965年「魂のジュリエッタ」 1969年「フェリーニ/サテリコン日誌」「シャイヨの伯爵夫人」 1985年「ジンジャーとフレッド」 1991年「木漏れ日」 (引用元 Hatena Keyword)