芸能人・経営者のおくやみ情報

ハインリヒ・ヘルツHeinrich Rudolf Hertz

物理学者[ドイツ]

1894年 1月1日 死去多発血管炎性肉芽腫症享年38歳

ハインリヒ・ヘルツ - ウィキペディアより引用

ハインリヒ・ルドルフ・ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz, 1857年2月22日 - 1894年1月1日)は、ドイツの物理学者。
マックスウェルの電磁気理論をさらに明確化し発展させた。
1888年に電磁波の放射の存在を、それを生成・検出する機械の構築によって初めて実証した。
生涯 前半生 ドイツのハンブルクで、裕福な文化的階級の家に生まれた。
父は弁護士としてハンブルクの顧問を歴任し、後に政治家となった。
母は医者の娘だった。
3歳年下の弟と妹がいた。
学校においては、アラビア語とサンスクリット語の語学と同じように、科学への適性も見せた。
ドイツのドレスデン、ミュンヘン、ベルリン市で科学と工学を学んだ。
キルヒホフとヘルムホルツの指導学生として、1880年にベルリン大学にて博士号を取得。
その後もヘルムホルツの下に研究生として残った。
1883年、キール大学の理論物理の講師となった。
1885年には、カールスルーエ大学の教授となり、そこで電磁波を発見した。
気象学 1878年の夏、ミュンヘン工科大学にいたころの指導教官が気象学者の ヴィルヘルム・フォン・ベゾルト であり、そのころから気象学にも深い興味を抱いていた。

「ハインリヒ・ヘルツ」と関連する人物(故人)