芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル7世Charles VII

フランス国王[フランス]

(ユリウス暦) 1461年 7月22日 死去享年59歳

シャルル7世 - ウィキペディアより引用

『シャルル7世 (フランス王)』より : シャルル7世(Charles VII, 1403年2月22日 - 1461年7月22日)は、フランス・ヴァロワ朝の第5代国王(在位:1422年 - 1461年)。
第4代国王シャルル6世と王妃イザボー・ド・バヴィエールの五男。
勝利王(le Victorieux)と呼ばれた。
妃はアンジュー公ルイ2世とヨランド・ダラゴン(アラゴン王フアン1世の娘)の長女マリー・ダンジュー。
ブルゴーニュ派とアルマニャック派の対立 当時、フランスはブルゴーニュ派とアルマニャック派の内戦状態にあり、両派は王と王族の確保とパリの支配を巡って争いを繰り返していた。
1415年にこれを好機と見たイングランド王ヘンリー5世がフランスに侵攻し、アジャンクールの戦いでアルマニャック派を中心とするフランス軍に大勝し、ノルマンディーを征服した。
シャルルには兄がいたが、王太子(ドーファン)であったルイが1415年に、次いで王太子となったジャンも1417年に死去した。
そのため新たに王太子となったのであるが、間もなくブルゴーニュ派がパリを制圧すると、フランス南部のブールジュに逃れた。

シャルルななせいCharlesVII [生]1403.2.22.パリ[没]1461.7.22.ムアンシュルエブルフランス王(在位1422~61)。1417年兄ジャンの死により皇太子となった。20年トロアの和約によって王位継承権を否認され,イングランド王ヘンリー6世がパリでフランス王として宣布されると,シャルルも同時にポアティエでフランス王を称したが,国土の大部分はイングランドの支配下にあり,威令はロアール川以南の地域に及ぶのみであった。イングランド軍がロアール河岸に進出してオルレアンを包囲したとき,ジャンヌ・ダルクが出現して同市を解放し,ランスにおける戴冠式挙行を可能ならしめた(29)。これを転機に,ブルゴーニュ派との和解に成功(35),パリに入城した(37)。次いで,フォルミニーの戦い(50),カスティヨンの戦い(53)にイギリス軍を撃破,カレー1市を除く全国土を奪回し,ここに百年戦争は終結した。内政の面では,官僚制の整備,塩その他の専売税の設定,J.クールを起用して商業,手工業の振興にあたらせ,「ブールジュの国事詔書」(38)によって教皇の権力を限定しガリカニズム(フランス国家教会主義)への道を開き,租税徴収にあたっては次第に三部会の承認を無視するにいたった。また外交面では,アンジュー,プロバンス,ブルゴーニュ,ブルターニュなど国王親族の領有する封土の王領併合などに努力し,フランスの国家的統一を大きく促進した。 (引用元 コトバンク)