芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル7世Charles VII

フランス国王[フランス]

(ユリウス暦) 1461年 7月22日 死去享年59歳

シャルル7世 - ウィキペディアより引用

『シャルル7世 (フランス王)』より : シャルル7世(Charles VII, 1403年2月22日 - 1461年7月22日)は、フランス・ヴァロワ朝の第5代国王(在位:1422年 - 1461年)。
第4代国王シャルル6世と王妃イザボー・ド・バヴィエールの五男。
勝利王(le Victorieux)と呼ばれた。
妃はアンジュー公ルイ2世とヨランド・ダラゴン(アラゴン王フアン1世の娘)の長女マリー・ダンジュー。
ブルゴーニュ派とアルマニャック派の対立 当時、フランスはブルゴーニュ派とアルマニャック派の内戦状態にあり、両派は王と王族の確保とパリの支配を巡って争いを繰り返していた。
1415年にこれを好機と見たイングランド王ヘンリー5世がフランスに侵攻し、アジャンクールの戦いでアルマニャック派を中心とするフランス軍に大勝し、ノルマンディーを征服した。
シャルルには兄がいたが、王太子(ドーファン)であったルイが1415年に、次いで王太子となったジャンも1417年に死去した。
そのため新たに王太子となったのであるが、間もなくブルゴーニュ派がパリを制圧すると、フランス南部のブールジュに逃れた。