訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

仁孝天皇(にんこうてんのう)

第120代天皇[日本]

(弘化3年1月26日崩御)

1846年 2月21日 死去享年47歳

仁孝天皇 - ウィキペディアより引用
仁孝天皇(にんこうてんのう、寛政12年2月21日(1800年3月16日) - 弘化3年1月26日(1846年2月21日))は、第120代天皇(在位:文化14年9月21日(1817年10月31日) - 弘化3年1月26日(1846年2月21日))。
諱は恵仁(あやひと)。
幼称は寛宮(ゆたのみや)。
系譜 光格天皇の第六皇子。
養母は後桃園天皇の第一皇女、光格中宮の欣子内親王(新清和院)。
実母は勧修寺大納言経逸の女、藤原婧子(東京極院)。
正妃は関白鷹司政煕の女、藤原繋子(新皇嘉門院)、繋子没後はその妹、藤原祺子(新朔平門院)。
贈皇后:鷹司繋子(新皇嘉門院)(1798-1823) - 鷹司政煕女 第一皇子:安仁親王(1820-1821) 第一皇女:慈悲心院宮(1823) 女御:鷹司祺子(新朔平門院)(1811-1847) - 鷹司政煕女、繋子妹 第四皇女:摩尼珠院宮(1829-1831) 典侍:正親町雅子(新待賢門院)(1803-1856) - 正親町実光女 第二皇子:鎔宮(1825-1826) 第四皇子:統仁親王(孝明天皇)(1831-1866) 第六皇子:節仁親王(第十代桂宮)(1833-1836) 第七皇女:恭宮(1837-1838) 典侍:甘露寺妍子(1806-1851) - 甘露寺国長女 第二皇女:成宮(1825-1826) 第三皇女:淑子内親王(第十一代桂宮)(1829-1881) 第三皇子:三宮(1830-1831) 第五皇女:総宮(1832-1833) 第六皇女:経宮(1836) 典侍:橋本経子(1826-1865) - 橋本実久女 第七皇子:胤宮(1844-1845) 第八皇女:親子内親王(皇女和宮)(1846-1877) 典侍:中山績子(1795-1875) - 中山愛親女 掌侍:今城媋子(1809-1875) - 今城定成女 第五皇子:常寂光院宮(1832) 猶子多数 貞教親王(伏見宮)・熾仁親王(有栖川宮)・朝彦親王(久邇宮)・彰仁親王(小松宮)・能久親王(北白川宮) 系図 文化6年(1809年)3月24日、父帝の中宮欣子内親王(新清和院)の養子として立太子された。
題名
仁孝天皇実録
著者
藤井讓治
発売元
ゆまに書房
発売日
2006-10
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP