芸能人・経営者のおくやみ情報

九鬼周造(くきしゅうぞう)

哲学者[日本]

1941年 5月6日 死去腹膜炎享年54歳

九鬼 周造(くき しゅうぞう、1888年2月15日 - 1941年5月6日)は、日本の哲学者。
東京府東京市生まれ。
京都大学教授。
人物・経歴 父は明治を代表する文部官僚で男爵の九鬼隆一。
祖先は九鬼水軍を率いた武将の九鬼嘉隆。
母の九鬼波津子は周造を妊娠中に岡倉覚三(天心)と恋におち(隆一は岡倉の上司であった)、隆一と別居(のち離縁)するという事態となった。
生みの父・隆一、精神上の父・岡倉、そして喪われた母という、この3人のはざまで幼少期・青年期の周造は成長していくこととなり、それは後の精神形成にも大きな影響を与えることとなったと考えられる。
九鬼は子供の頃訪ねてくる岡倉を父親と考えたこともあったと記している。
1904年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。
第一高等学校独法科に進むも文科に転じる。
東京帝国大学文科大学哲学科卒業後、ヨーロッパ諸国へ足かけ8年間ものあいだ留学。
はじめドイツに渡り、新カント派のハインリヒ・リッケルトに師事するが、彼はそれでは満たされず、のちフランスに渡り、アンリ・ベルクソンと面識を得るなどし、彼の哲学から強い影響を受ける。

くきしゅうぞう [生]1888.2.15.東京[没]1941.5.6.京都哲学者。男爵九鬼隆一の4男として生れる。1912年東京大学哲学科卒業。22年ヨーロッパに留学,リッケルト,ベルグソン,ハイデガーに師事。29年帰国,京都大学教授となり哲学史を担当した。その哲学の特徴は,解釈学的,現象学的方法を用いて実存哲学の新展開を試み,日本固有の精神構造あるいは美意識を分析したところにある。「媚び」「意気」「諦め」の3要素に分析して論じた『「いき」の構造』(1930)はその代表的著作である。その他の著書に『偶然性の問題』(35),『人間と実存』(39)などがある。なお「実存」は九鬼の造語である。 (引用元 コトバンク)