訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

中山大三郎 氏(なかやまだいざぶろう)

作詞家作曲家[日本]

2005年 4月7日 死去中咽頭がん享年65歳

中山 大三郎(なかやま だいざぶろう、1941年2月15日 - 2005年4月7日)は、日本の作曲家、作詞家。
宮崎県北諸県郡高崎町(現・都城市)出身。
1995年に結婚した三佐子夫人は、アナウンサー小川宏の次女。
宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校卒業。
法政大学在学中、作詞家の星野哲郎に師事、作曲家としての活動を始める。
クラウンレコードの専属作曲家を経て、尾形大作の『無錫(むしゃく)旅情』、島倉千代子の『人生いろいろ』、天童よしみの『珍島(ちんど)物語』などの大ヒット曲を作詞、作曲した。
また、水沢圭吾名義でも作詞曲を発表している。
テレビのワイドショーのコメンテーターとしても活躍する一方で、1989年から日本作詞家協会の常務理事を務めていたが、1999年に癌であることを公表した。
2005年4月7日、中咽頭癌のため死去。
64歳没。
地元都城市のイメージソング「ウエルネス ウェルカム」の作詞作曲を手がけている。
大相撲の元関脇・益荒雄(現阿武松親方)と親交があり、阿武松部屋に入門したロシア出身の力士・阿夢露(あむうる)の名付け親となった。