芸能人・経営者のおくやみ情報

山中毅 氏(やまなかつよし)

競泳選手・自由形[日本]

2017年 2月10日 死去肺炎享年79歳

山中 毅(やまなか つよし、1939年1月18日 - )は、石川県輪島市生まれの競泳選手。
石川県立輪島高等学校在学中の1956年メルボルンオリンピックに出場。
自由形400mと1500mの2種目では、オーストラリアのマレー・ローズに敗れて銀メダルを獲得した。
早稲田大学進学後の1959年、自由形200m、400mで世界新記録を作った。
1960年ローマオリンピックでも、自由形400mでローズに敗れ銀メダルを獲得した。
早稲田大学卒業後、南カリフォルニア大学に留学。
1961年には、2ヶ月間に自由形200mの世界新記録を3度更新するなど、同じ大学に留学してきたローズとともに南カリフォルニア大学の黄金時代を築いた。
1964年の東京オリンピックにも出場した。
3度のオリンピックで延べ7種目に出場し、4個の銀メダルを含めて、すべて入賞した。
帰国後は大洋漁業(現・マルハニチロ)に就職した。
また、イトマンスイミングスクールの取締役も務めている。
1983年、「国際水泳殿堂」(International Swimming Hall of Fame)に選出された。

やまなか-つよし 1939-昭和後期-平成時代の水泳選手,指導者。昭和14年1月18日生まれ。輪島高3年の昭和31年メルボルン五輪で400m,1500m自由形に銀メダル。早大在学中の34年200m,400mで世界新記録をだし,35年ローマ五輪では400mで銀メダル。ライバルのローズ(オーストラリア)との競りあいが注目された。39年東京五輪の400mで6位。41年引退。のちISS(イトマン・スイミング・スクール)を設立。石川県出身。 (引用元 コトバンク)