芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンデル7世Alexander VII

ローマ教皇[イタリア]

1667年 5月22日 死去享年69歳

アレクサンデル7世 - ウィキペディアより引用

『アレクサンデル7世 (ローマ教皇)』より : アレクサンデル7世(Alexander VII、1599年2月13日 - 1667年5月22日)はローマ教皇(在位:1655年 - 1667年)。
本名、ファビオ・キージ(Fabio Chigi)。
学問と芸術を愛し、ベルニーニのパトロンとなって多くの作品を残させた。
他方、ジャンセニスムを弾劾し、イエズス会を擁護してフランスと対立した。
生涯 シエナの名家キージ家の出身のファビオは教皇パウルス5世の大甥にあたっている。
シエナ大学で哲学・神学・法学を修めると1627年にはフェラーラの副教皇大使として着任。
さらに知り合いの枢機卿の推薦によってマルタの巡察師に任命されて司祭に叙階され、ケルンの教皇大使を歴任するなどキャリアを重ねていった。
外交能力を買われて1648年からのウェストファリア条約のための話し合いに教皇庁の使節として参加している。
この条約によって三十年戦争後の新秩序が構築され、フランス革命までの安定をもたらすことになる。
ファビオは教皇インノケンティウス10世にローマに呼び戻されると、枢機卿にあげられて国務長官の地位に着いた。

アレクサンデルななせいAlexanderVII [生]1599.2.13.シエナ[没]1667.5.22.ローマイタリア人の教皇(在位1655~67)。本名FabioChigi。ウェストファリア和議に参与。ヤンセニウス派と抗争(→ジャンセニズム)。フランスとの対立により1664年屈辱的なピサ条約締結。みずから詩人であると同時に学問・芸術の保護者でもあり,G.L.ベルニーニを起用してサン=ピエトロ大聖堂前の広場を完成させた。 (引用元 コトバンク)