芸能人・経営者のおくやみ情報

キング・カーティス 氏King Curtis

R&Bサクソフォーン奏者[アメリカ]

1971年 8月13日 死去刺殺享年38歳

キング・カーティス - ウィキペディアより引用

キング・カーティス(King Curtis, 本名Curtis Ousley 1934年2月7日-1971年8月13日)は、アメリカ、フォートワース出身のR&Bサクソフォーン奏者。
1950年の後半から活躍し、独特の音色とジャンルの枠にとらわれない幅広い音楽性から、亡くなった後も高い人気を誇っている。
10歳のときに、ルイ・ジョーダンの演奏を聴き、サックスを始める。
10代後半からニューヨークでスタジオミュージシャンとしての活動を開始し、数多くのセッションに参加する。
その中で当時人気を集めたドゥーワップグループ「コースターズ」のセッションで披露したユニークなサウンドが評判を呼び、ヒット曲である「ヤキティ・ヤク」から、「ヤキティ・サックス」を呼ばれ、高い人気を誇った。
1959年よりソロ活動を開始し、1962年に発表した「soul twist」はR&Bチャート1位を記録。
その後も1964年には「soul serenade」がヒットするなど順調に活躍を続け、1965年に、メジャー・レーベルのアトランティックと専属契約を結び、「Memphis Soul Stew 」などのヒット作をチャートに送り込んだ。

King Curtis、サックス奏者、(1934-1971)、アメリカ・テキサス州フォート・ワース出身 サックス奏者。ソウル・ジャズの始祖の一人。50年代にNYでセッション・ミュージシャンとして頭角をあらわし、60年代にはNYの名門レーベル、アトランティックのハウス・バンドでリーダーとして活躍。アトランティックのレーベル・カラーを作り上げたのは彼だともいえる。また、ソロ作品も多数。71年に暴漢に刺され死亡している。 (引用元 Hatena Keyword)