訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

中村雨紅 氏(なかむらうこう)

詩人[日本]

1972年 5月8日 死去享年76歳

中村雨紅(なかむら うこう、1897年〈明治30年〉1月7日 - 1972年〈昭和47年〉5月8日)は、詩人・童謡作家である。
本名は、髙井宮吉(たかい みやきち)だが、出版物など一般的には高井宮吉と記される。
東京府南多摩郡恩方(おんがた)村(現在の東京都八王子市上恩方町)出身。
宮尾神社の宮司・髙井丹吾とその妻・シキの間の二男として生まれる。
1909年(明治42年)上恩方尋常小学校(現・恩方第二小学校)を卒業し、1911年(明治44年)恩方村報恩高等小学校を卒業して、1916年(大正5年)東京府青山師範学校卒業後、その年に東京北豊島郡日暮里町第二日暮里小学校の教師になる。
1917年(大正6年)おばの家である中村家の養子となる(1923年解消)。
翌年、日暮里町第三日暮里尋常小学校に転勤。
1921年(大正10年)高井宮のペンネームで童謡『お星さん』などが児童文芸雑誌『金の船』に掲載される。
1923年(大正12年)『夕焼小焼』を発表。
同年、漢学者本城問亭の次女千代子と結婚。
1924年(大正13年)長男・喬が生まれる。

「中村雨紅」と関連する人物(故人)