芸能人・経営者のおくやみ情報

緒方竹虎 氏(おがたたけとら)

政治家ジャーナリスト[日本]

1956年 1月28日 死去急性心臓衰弱享年69歳

緒方竹虎 - ウィキペディアより引用

緒方 竹虎(おがた たけとら、1888年(明治21年)1月30日 - 1956年(昭和31年)1月28日)は、日本のジャーナリスト、政治家。
朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。
栄典は正三位勲一等旭日大綬章。
三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。
幼少期から学生時代 山形県書記官・緒方道平の三男として山形県山形市旅籠町に生まれ、4歳の時、父の福岡県書記官への転任で福岡県福岡市に移る。
父は第2次松方内閣によって福岡県書記官を退官させられた後、福岡農工銀行頭取を務めた。
父は退官させられたことが腹に据えかね、子どもたちに「お前らは一生役人になるな」と言ったという。
緒方姓は祖父・大戸郁蔵が大坂で適塾を開く緒方洪庵へ入門して、洪庵と義兄弟の盟を結び、その姓を与えられたことにはじまる。
福岡師範学校附属小学校から福岡県立中学修猷館に進学。
緒方は小学校から中学校を通じて、無欠席・無遅刻・無早退を通した。
修猷館の1年上級に中野正剛(後の政治結社東方会総裁、衆議院議員)、同期に安川第五郎(後の安川電機会長)、斎村五郎(後の剣道範士十段)がいる。

(1888年1月30日 - 1956年1月28日) 日本のジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。 (引用元 Hatena Keyword)