芸能人・経営者のおくやみ情報

フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービFriedrich Heinrich Jacobi

思想家、作家[ドイツ]

1819年 3月19日 死去享年77歳

フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービ - ウィキペディアより引用

フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービ(Friedrich Heinrich Jacobi, 1743年1月25日 - 1819年3月19日)は、ドイツの思想家、著作家。
自らは「非哲学(Nichtphilosophie)」の立場を唱道し、人間の活動すべての基礎を、悟性的な論証によっては到達できない、私とともに神的人格が「ある!」ということの直接的な確信、すなわち「信(der Glaube)」のうちに求めた(したがって彼の立場はまた「信仰哲学(Glaubensphilosohie)」とも称される)。
近年の研究によって、いわゆる「ゲーテ時代」におけるヤコービの主導性が認識されはじめている。
生涯 1743年に、デュッセルドルフの裕福なドイツ系ユダヤ人の商人の次男として生まれた。
1770年までは商人として生計を立てていた。
1771年にベルク公国の宮廷メンバーとして迎えられた。
そこでは、財政への知識と社会改革への熱意からしだいに著名になっていった。
ヤーコビは、常に哲学と文学への関心を持ち続けていた。
兄で詩人のヨハン・ゲオルク・ヤコービを介して、ドイツの詩人ヴィーラントとともに文学雑誌を刊行し、名を轟かす。