訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

陳建民 氏(ちんけんみん)

料理人[中国→日本]

1990年 5月12日 死去享年72歳

陳 建民(ちん けんみん、男性、1919年6月27日 - 1990年5月12日)は、中国四川省自貢市富順県李橋鎮生まれの四川料理の料理人。
日本における四川料理の父といわれた。
中国系日本人1世で、来日後に日本に帰化しており日本名は東 建民(あずま けんみん)といった。
息子の陳建一、孫の陳建太郎も料理人である。
来歴・人物 原籍は四川省富順県。
農家の10人兄弟の末子として同省宜賓市で生まれ、同地の京川飯店などで料理を修業した。
1947年に宜賓を離れて重慶、武漢、南京、上海などの大都市のレストランを渡り歩き、1948年には台北、高雄へ渡った。
後に香港の川菜餐館に勤めた。
1952年(昭和27年)に黄昌泉と共に観光ビザで来日、同じく四川省出身の陳海倫(戦前に上海で高級ホステスをしていたという)の食客(居候)となり、次にまるみや果物店の宮田清一の食客となった。
1953年(昭和28年)春に陳海倫の依頼で外務次官の奥村勝蔵に宴席料理を供したのが縁で、外務省に外売(出張料理)を始める。