訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

霧島昇 氏(きりしまのぼる)

歌手[日本]

1984年 4月24日 死去享年71歳

霧島昇 - ウィキペディアより引用
霧島 昇(きりしま のぼる、1914年(大正3年)6月27日 - 1984年(昭和59年)4月24日)は戦前から戦後にかけて活躍した流行歌手。
本名は坂本 栄吾といった。
福島県双葉郡大久村出身。
1970年(昭和45年)、紫綬褒章受章。
1914年(大正3年)に福島県双葉郡大久村(現:いわき市大久町)の農家の三男として生まれる。
小学校を卒業後上京し、中学に通いながらボクサーを目指すが断念、テノールの藤原義江のレコードを聴き、日本の歌曲を流行歌として歌いたいと思い、苦学しながら東洋音楽学校(現在の東京音楽大学)を卒業。
浅草のレビュー小屋でアルバイトをする傍ら吹き込んだエヂソン・レコード『僕の思い出』がコロムビア文芸部長・松村重武(俳優の松村達雄の実父)の目にとまり、1936年(昭和11年)にコロムビアに入社。
当時のコロムビアは松平晃が看板スターだった。
霧島は松平を目標に歌唱技術を磨き、松平にはないテノールの甘い音色と邦楽的技巧表現を生かした。
翌1937年(昭和12年)に『赤城しぐれ』でデビュー。
1938年(昭和13年)に松竹映画『愛染かつら』の主題歌『旅の夜風』を当時大スターだったミス・コロムビア(本名・松原操=後に本名を芸名とする)と共に吹き込み大ヒット。