芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤初 氏(かとうはじめ)

プロ野球選手、コーチ[日本]

2016年 12月11日 死去直腸がん享年68歳

加藤 初(かとう はじめ、1949年12月20日 - )は、静岡県富士市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球指導者。
プロ入り前 吉原商業高校から亜細亜大学に進む。
入学早々膝を悪くし、実家近くの信頼ある鍼灸医による治療により回復したが、帰京の際に途中下車して亜細亜大学を中退した友人宅に寄り、大学ではシゴキもあったことから一泊の予定が三週間滞在してしまい、復学しづらくなり、入学後3か月あまりで中退した。
社会人野球の大昭和製紙へ入社し、4年目にエースとして第42回都市対抗野球大会へ出場し、秋の日本産業対抗野球大会では優勝候補の熊谷組を1安打完封して優勝に貢献した。
この活躍により、巨人、中日、ヤクルト、南海、東映、西鉄らのスカウトも訪れたが、大昭和製紙には前年の都市対抗優勝投手の安田猛がおり、会社側が「同時に投手2人は出せない」とプロ側へ言い張り、1971年のドラフトでは安田だけが指名され、加藤は指名されなかった。

1972年〜1990年のプロ野球選手。 通称「鉄仮面」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は11→21番。 1949年(昭和24年)12月20日、生まれ。2016年(平成28年)12月11日、死去。 静岡県出身。 吉原商業高校から亜細亜大学に進学も中退。大昭和製紙に入社。 1972年、ドラフト外で西鉄ライオンズに入団。1年目より一軍で活躍、17勝を挙げ新人王を獲得。河村英文の薫陶を受け、若きエース投手としてライオンズを支えた。 1976年、関本四十四・玉井信博との2対2の交換トレードで、伊原春樹と共に読売ジャイアンツに移籍。小林繁・新浦壽夫と共に「三本柱」を確立。同年15勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献した。 その後も1970年代後半から1980年代にかけて、ジャイアンツの先発投手として活躍。牽制球の上手さでも有名となった。 1988年、アンダースローに転向。1989年、投手コーチ兼任となる。 1990年、現役引退。フジテレビ・ニッポン放送の野球解説者となる。 1995年、古巣西武ライオンズの一軍投手コーチに就任。 2001年、二軍投手コーチに転じ、同年、退団。 その後は野球解説者の側ら、マスターズリーグ・福岡ドンタクズの選手として活躍。 2004年、台湾プロ野球、La Newベアーズの投手コーチに就任。 2005年、韓国プロ野球、SKワイバーンズの投手コーチに就任。 2006年、LGツインズに移籍し、投手インストラクターに就任。 2011年、退団し帰国。 (引用元 Hatena Keyword)