芸能人・経営者のおくやみ情報

シルヴィア・シドニー 氏Sylvia Sidney

女優[アメリカ]

1999年 7月1日 死去がん享年90歳

シルヴィア・シドニー - ウィキペディアより引用

シルヴィア・シドニー(Sylvia Sidney、本名:Sophia Kosow、1910年8月8日 - 1999年7月1日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の俳優。
サイレント映画時代から70年以上のキャリアを誇るシルヴィアは、ロシア生まれの父とルーマニア生まれの母のもと、ニューヨークのブロンクスに生まれる。
幼少期は両親も手を焼くほどの恥ずかしがり屋だったが、次第に舞台女優への憧れを抱き始める。
後に演劇学校へ進学し、ブロードウェイで舞台女優として活躍し始める。
1929年に『疑惑晴れて』で本格的に映画デビューを果たす。
その後はフリッツ・ラングやアルフレッド・ヒッチコックなどといった巨匠監督の映画に続々出演。
特にフリッツ・ラング監督からは重要視されていたようで、何本かの主要作品に出演している。
1973年にはアカデミー賞へノミネートされ、その演技を高く評価される。
また、作家としての才能も発揮し、70年代に本を出版している。
晩年はティム・バートン監督などの映画に出演し、年を重ねてもその健在ぶりを発揮した。

Sylvia Sidney  アメリカの映画女優。  1910年8月8日、ニューヨーク生まれ。本名Sophia Kosow。父はロシア、母はルーマニア出身。  1999年7月1日没。  1929年に『疑惑晴れて』で本格的に映画デビュー。 主な出演作: 「疑惑晴れて」(1929) 「市街」(1931) 「アメリカの悲劇」(1931) 「街の風景」 (1931) 「ミラクルマン」 (1932) 「我等は楽しく地獄へ行く」 (1932) 「お蝶夫人」 (1932) 「舗道」 (1933) 「ジェニイの一生」(1933) 「三日姫君」(1934) 「Gウーマン」(1935) 「丘の一本松」(1936) 「激怒」(1936) 「サボタージュ」(1936) 「暗黒街の弾痕?」(1937) 「デッド・エンド」(1937) 「真人間」(1938) 「東京スパイ大作戦」(1945) 「恐怖の土曜日」(1955) 「オーメン2/ダミアン」(1978) 「ハメット」(1982) 「コップキラー」(1983) 「ビートルジュース」(1988) 「迷子の大人たち」(1992) 「マーズ・アタック!」(1996)  (引用元 Hatena Keyword)

「シルヴィア・シドニー」と関連する人物(故人)