芸能人・経営者のおくやみ情報

佐々弘雄(さっさひろお)

政治学者ジャーナリスト[日本]

1948年 10月9日 死去享年52歳

佐々 弘雄(さっさ ひろお、1897年(明治30年)1月23日 - 1948年(昭和23年)10月9日)は、日本の政治学者、ジャーナリスト、参議院議員。
生涯 戦前 1897年(明治30年)1月23日、衆議院議員佐々友房の三男として熊本県熊本市に生まれる。
第五高等学校から、1920年(大正9年)東京帝国大学法学部政治学科を卒業する。
美濃部達吉と吉野作造の薫陶を受け法学者・政治学者として将来を嘱望される。
東京帝大では新人会に参加した。
卒業後は直ちに東京帝国大学法学部副手、次いで助手、ヨーロッパ留学から帰国して、新設の九州帝国大学法文学部教授に就任し政治学を教える。
しかし、1928年(昭和3年)九大事件で共産主義者の嫌疑がかけられて大学を追放される。
九大教授を辞めた佐々は、中野正剛が経営する『九州日報』に論説を書き、さらに上京して雑誌『改造』や『中央公論』の常連執筆者として政治評論を書いた。
そして頭山満、中野正剛、緒方竹虎、風見章らに認められて1934年(昭和9年)3月に東京朝日新聞社に入社して編集局勤務、次いで論説委員となる。

さっさ-ひろお 1897-1948大正-昭和時代の法学者,政治学者。明治30年1月23日生まれ。佐々友房の3男。紀平悌子(きひら-ていこ),佐々淳行(あつゆき)の父。九州帝大教授となるが,昭和3年九大事件で退職,朝日新聞社の論説主幹をへて,熊本日日新聞社長。その間,近衛文麿の昭和研究会のメンバーとして活躍。22年参議院議員(緑風会)。昭和23年10月9日死去。52歳。熊本県出身。東京帝大卒。 (引用元 コトバンク)