訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エルンスト・アッベErnst Karl Abbe

1905年 1月14日 死去享年66歳
エルンスト・アッベ - ウィキペディアより引用
エルンスト・カール・アッベ(Ernst Karl Abbe 、1840年1月23日 アイゼナハ - 1905年1月14日 イェーナ)はドイツの天文学者、数学者、物理学者、実業家である。
ゲッティンゲン大学で21歳に学位を取得。
1863年イエナ大学に移り、1870年物理学と数学の教授就任。
1878年天文学と測量学研究所管理者に就任。
1866年に、カール・ツァイスの工場に研究所長として現業部門の技術者となり、カール・ツァイス、光学硝子の開発者フリードリッヒ・オットー・ショットと協力して、光学機器の性能向上に寄与した。
1888年12月3日ツァイスの死後、私財をすべて共有化しツァイス社全体を財団にした。
私有財産を公益の権利に移転し、工場とイエナ大学とイエナの町とが協同体として企業の利益の配分に与るような公益財団とし、従業員の主体を定める約款を1891年6月31日付でエルンスト・アッベとルードリッヒ・ツァイスの連名で布告した。
題名
カールツァイスの経営倫理―エルンスト・アッベの経営思想 (MINERVA人文・社会科学叢書)
著者
野藤忠
発売元
ミネルヴァ書房
発売日
2012-04
新品価格
¥ 3,456 より
中古商品
¥ 1 より

↑ PAGE TOP