芸能人・経営者のおくやみ情報

エドゥアール・マネÉdouard Manet

画家[フランス]

1883年 4月30日 死去享年52歳

エドゥアール・マネ - ウィキペディアより引用

エドゥアール・マネ(フランス語: Édouard Manet, 1832年1月23日 - 1883年4月30日)は、19世紀のフランスの画家。
ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。
マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。
しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからも分かるように、近年の研究ではマネと印象派は各々の創作活動を行っていたと考えられている。
生涯 マネは1832年、パリのセーヌ川左岸の一角で対岸にルーブル宮殿を望むボナパルト街で、謹厳なブルジョワの家庭に3人兄弟の長男として生まれた。
父は法務省の高級官僚でレジオンドヌール勲章も授与されており、母ウジェニーはストックホルム駐在の外交官フルエニ家の娘であった。
1844年名門中学コレージュ・ロランに入学。
この頃から画家になることを考え始め、美術好きの伯父フルエニ大佐に連れられ、ルーブル美術館などで古典絵画作品に親しく接する。

Edouard Manet (1832年-1883年) 印象主義に影響を与えた芸術家の一人。 パリに生まれたエドゥアール・マネは、始めアカデミズムの画家クーチュールに学ぶが、なによりルーブル美術館で過去の巨匠たちを自由な態度で研究することによってその画風を形成した。とりわけベラスケス、ゴヤなどスペイン絵画はマネに大きな影響を与えている。 1863年の名高い落選展に出品されスキャンダルを引き起こした『草上の昼食』で若い画家たちのリーダーとなったマネは、1865年のサロンに『オランピア』を出品した。 ティツィアーノなどルネサンス以来の横たわるヴィーナス像の形式を受け継ぎながら、そこに快楽主義的な現代のパリの象徴ともいうべき高級娼婦の姿を描き出したこの作品は、古典的な伝統を近代絵画へとつなぐ役割を果たしている。 マネはその後も、生き生きとした明るい色調と軽快で的確な筆づかいによって、人物を中心にすえた現代生活を主題にかずかずの名作を描いた。 印象派の画家たちとも親しくしていたが、彼自身は印象派を名乗ることはなく、理由としては彼自身が当時サロンから認められたいと願うあまりに権威に反旗を翻すような行動を躊躇していたからだともされているが定かではない。 なお、名前が似ているために混同される事があるがモネとは全くの別人である。 (引用元 Hatena Keyword)