訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

楠木正成(くすのきまさしげ)

武将[日本]

(建武3年5月25日没)

(ユリウス暦) 1336年 7月4日 死去戦死享年歳

楠木正成 - ウィキペディアより引用
楠木 正成(くすのき まさしげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。
建武の新政の立役者として足利尊氏らと共に活躍。
尊氏の反抗後は南朝側の軍の一翼を担い、湊川の戦いで尊氏の軍に破れて自害した。
鎌倉幕府からは「悪党」と呼ばれた。
後醍醐天皇の側近として名和長年、結城親光、千種忠顕らとともに「三木一草」とよばれた。
明治以降は「大楠公(だいなんこう)」と称され、明治13年(1880年)には正一位を追贈された。
生涯 出自 = 河内の土豪説 = 『太平記』巻第三「主上御夢の事 付けたり 楠が事」には、楠木正成は河内金剛山の西、大阪府南河内郡千早赤阪村に居館を構えていたとある。
楠木氏は橘氏の後裔とされる。
正成の母は、橘遠保の末裔橘盛仲の娘。
また、任官には源平藤橘の姓が必要であるため、楠木氏は橘氏を借りたとする説もある。
太平記巻第三には楠木氏は橘諸兄の後裔と書かれており、楠木氏と関係の深い久米田寺の隣の古墳は橘諸兄の墓といわれ、楠木氏は橘氏を礼拝する豪族であったともいわれる。