芸能人・経営者のおくやみ情報

フランツ1世Franz I.

神聖ローマ皇帝[神聖ローマ帝国]

1765年 8月18日 死去享年58歳

フランツ1世(Franz I)はドイツ語圏の君主の名前。
フランツ1世 (神聖ローマ皇帝) フランツ1世 (オーストリア皇帝) ⇒ フランツ2世 フランツ1世 (リヒテンシュタイン公) フランツ (ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公) フランツ1世 (ロートリンゲン公) ⇒ フランソワ1世 (ロレーヌ公)。

フランツいっせいFranzI;FranzStephan [生]1708.12.8.ナンシー[没]1765.8.18.インスブルック神聖ローマ皇帝(在位1745~65)。マリア・テレジアの夫。ハプスブルク家と深い姻戚関係にあったため,若い頃ウィーンの宮廷で教育を受け,ロートリンゲン公となった。1736年皇帝カルル6世の長女マリア・テレジアと結婚したが,そのおり,フランスとの外交関係調整のためロートリンゲン公の地位をルイ15世の岳父スタニスワフ・レシュチンスキーに譲り,代りにトスカナ大公の地位を与えられた。カルル6世の死後,妃マリア・テレジアが全ハプスブルク領を継承,統治し,オーストリア継承戦争が起ると,マリア・テレジアは45年9月13日彼を皇帝に選出させた。しかし偉大な妃の陰に彼の影は薄く,財政,経済問題に多少関与した程度であった。学術愛好家としても聞えていた。 (引用元 コトバンク)

「フランツ1世」と関連する人物(故人)