訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリGiovanni Battista Riccioli

文学者[イタリア]

1671年 6月25日 死去享年74歳

ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリ - ウィキペディアより引用
ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリ(リッチオーリ、Giovanni Battista Riccioli、1598年4月17日 - 1671年6月25日)は、17世紀イタリアの天文学者である。
1651年にコペルニクス体系に反対する『新アルマゲスト』(Almagestum novum) を著した。
フランチェスコ・マリア・グリマルディとともに月面図を作成し、クレーターに科学者の名をつける命名法を始めた。
生涯 フェラーラに生まれた。
1614年にイエズス会士となった。
天文学の分野で働き、グリマルディと共に働いた。
1651年に『新アルマゲスト』を著した。
また自由落下する物体の加速度を求めた一人である。
その他にオランダのスネルと並んで地球の大きさを測る試みをした先駆者で1644年から1656年にグリマルディと子午線弧長の測量を行ったが、測定の精度はスネルの測定よりもさらに誤差の大きいものであった。

↑ PAGE TOP